平瀬マリ|闇の檻 第一章 ひきさかれた下着、そしてめざめ - ウインドウを閉じる